本当に必要なときにお金を十分に使えるように、無駄遣いは控えなければならない

インターネットで給料が自分よりもずっと安い人の生活や苦労話を検索して、自分はこの人たちよりはまだマシだな…と思ったり、節約のコツなどを学んで実践してみたりします。

本当に必要なときにお金を十分に使えるように、無駄遣いは控えなければならない

友人に、ネット通販の限定販売で、どうし販売開始数分で売り切れてしまうような人気商品だけどどうしても手に入れたいものが数点あるので、買うのを手伝ってくれないかと頼まれました。 それは友人が好きだというファッションデザイナーの限定デザインものの洋服だったのですが、見てみると私が普段買う服とは軽く1桁違っていました…。 思わず、家賃払えるわ…と呟いてしまいました。職場の同僚の一人です。 同じ派遣社員ということもあり、悩むポイントがほぼ一緒のため、月給がいくらか、家賃がいくらかもお互い知っており、二人でランチを節約したり、保険について相談したりします。 ただカードの返済が溜まっていることはさすがに話せません。

お金に関する失敗談

通販が好きなのですが、8割方は失敗しています。 先日も、ちょっと自分には敷居が高いファッションブランドの通販がセールをやっていて、手に届く値段になっている!とテンションが上がり、そのままポチポチとカートに入れて勢いのままに8点、計3万円ほど購入してしまったのですが、サイズが合わなかったり自分に似合わなかったりで、見事にすべて失敗でした…。ネットサーフィンをしていると欲しいものが次々出てきてお金が必要と感じるので、家にこもってネット環境から離れることにしています。 食品もまとめ買いにして買い物に行く回数を減らします。

お金に対する執着心は限度を過ぎると、人を狂わす凶器となる。

近所のおばあさんで、3人いる息子が大手の取締役社長であるため、最新家電は即決で買い、自身の病気療養の為と言い、高級旅館や高級ホテルの最上階を取り連泊をすることが日常になっている。専業主婦の立場なので、お金の必要な相談は主人にしています。 子供の教育費で必要なものは全て相談しますが、自分の欲しい物がお金が足りなくても買って欲しいとは相談は出来ないです。

お金に関する失敗談

ディズニー旅行に行きたくて、パークで遊ぶお金は無いが宿泊と交通費が工面できたので強引に行ったことがありますが、食費やお土産を買うお金がなく、考えながら節約して食事をしたので無理してきたことに後悔しました。お金についての不安が高まった時は、ひたすら節約をします。 稼げば稼ぐほど精神的な余裕が出てくるので、やはり稼ぐだけですね。 不安を無くすにはそれしか無いと思います。

お金には振り回されっぱなしですが、最終的にはこちらが振り回す側でいたい

洋服ですね。 夏も冬もブランド物の服を着ている知人がいて、凄いなーと思っています。 財布の中にも札束がギッシリ詰まっているので、この人お金持っているなーとたまに思っています。軽くお金の話をする間柄は何人もいますが、全てをオープンに相談できる相手はいません。 そういう相手を作ろうとしていませんし、必要ありません。 お金に関して全ては知られたくないのです。

お金に関する失敗談

最寄り駅の駐輪場があり、ひと月や三カ月ごとの駐輪代金を前もって払えるのですが、ある程度利用しないと元が取れないのにあまり利用しなかった事があります。 大きな額ではありませんが、最近まで継続して払い続けていました。

コメントは受け付けていません。